看護学部 看護学領域科目精神看護学Psychiatric and Mental Health Nursing

JapaneseEnglish

研究室HP

精神看護学2016

 精神看護学は、「メンタルヘルスの問題を抱えたあらゆる人」を対象にした看護学領域で、さまざまな精神的課題に沿って、看護の視点から学ぶ領域です。教育研究ともに、「精神科看護」「精神看護」「リエゾン精神看護」の3つの視点から精神看護学を幅広く探求しています。
 教育では、1年生後期「精神保健看護学概論」、2年生後期「精神看護学方法論」、3年生「精神看護学実習」、4年生「看護研究」を開講しています。
 2015年度より金沢医科大学大学院看護学研究科が開設されました。精神看護学分野では、高度な知識と技術を備えた看護専門職者の育成に対する地域のニーズに対応し、高度実践看護師教育課程の専門看護師養成をスタートしました。
 研究では、「うつ病者の自殺予防に関する研究」、「セルフヘルプグループ・精神障がい者の社会復帰に関する研究」、「患者・家族の体験および臨床看護実践の現象学的研究」、「精神科病棟における行動制限最小化看護に関する研究」など幅広いジャンルに取り組んでいます。
精神看護学にご関心のある方は、いつでも研究室に来てください。
 

お問い合わせ

TEL: 076-286-2211 (ex.7577) / FAX: 076-218-8412 / Email: hasegawa@kanazawa-med.ac.jp

所属者紹介

教授

  • 長谷川 雅美 長谷川教授-004

准教授

  • 深沢 裕子

講師

  • 田中 浩二
  • 長山 豊

主な研究業績

部門別研究業績

  • 田中浩二, 長谷川雅美 老年期うつ病者のレジリエンス-病いと回復のストーリーから, 日本看護科学会誌, 36, 2016, in press
  • 田中浩二, 吉野暁和, 長谷川雅美, 長山豊, 大江真人 精神科看護師の患者看護師関係における共感体験, 日本看護科学会誌, 35: 184-193, 2015
  • Nagayama Y, Hasegawa M. Nursing care process for releasing psychiatric inpatients from long-term seclusion in Japan: Modified grounded theory approach, Nursing and Health Sciences, 16(3): 284-290, 2014.
  • 田中浩二, 長谷川雅美. 高齢者のうつ病からの回復 生活世界との関連における検討, 日本看護科学学会誌,34: 1-10, 2014.
  • Tanaka K , Hasegawa M, Nagata K, Kawamura K. Research on changes in the discourses of the depressed elderly through nursing practice based on a narrative approach,Journal of the Tsuruma Health Science Society, 36(2): 35-47, 2012.

主な外部研究資金

  • 長谷川雅美:平成25~27年度科学研究費補助金基盤研究(B)一般
    「うつ病者の自殺予防に関する感情調整療法アプローチの開発」
  • 長谷川雅美:平成21~24年度科学研究費補助金基盤研究(B)一般
    「うつ病者の自殺予防に関する治療的ナラティブアプローチの開発」
  • 長谷川雅美、田中浩二、長山豊他:平成26~27年度 公益財団法人 在宅医療助成 勇美記念財団
    「WRAPの視点を取り入れた看護計画に基づく精神科訪問看護の効果」
  • 田中浩二:平成26~28年度若手研究(B)
    「老年期うつ病者のレジリエンス向上に寄与する治療的看護実践の考案」
  • 長山豊:平成25~28年度若手研究(B)
    「ストレングスモデルに基づく行動制限最小化看護介入の開発に関する研究」